銀行貯金(先取り貯金)で主婦の私でも100万円貯めた方法を紹介しています。

個人向け国債

個人向け国債

個人向け国債画面

どんな人に向いているのか?

  • 使用目的が決まっているお金
    基本的に元本割れがありません(日本国が財政破綻した場合は除く)

  • 使用目的は決まっていいないが、将来の為に貯金しておきたいお金
    (満期前に中途解約する事も可能)

  • 資産運用が初めての人
    (株式や投資信託と違い市場のタイミングを考えず売買する必要がありません)

  • 資産運用に慣れている人
    株式投資等のリスクの高い物に全ての財産を投じるのではなく、安全性の高い復興国債等をバランス良く保有する。

個人向け国債の特徴

ポイント1 安全

  • 元本と利子は日本国が責任を持って行う
    (債券の中でも最も安全性の高いく金融機関が破綻しても日本国政府が責任をもってくれます。)
  • 元金の価格は変わらず、最低金利も保証されています。
    (年利0.05%の最低金利保証)

ポイント2 手軽

  • 1万円~購入が出来ます。
  • 一定期間の経過後は中途換金も可能

ポイント3 選べる

  • 満期と金利タイプの違いを選べます。

ポイント4国債とは国にお金を貸す事

  • 国が復興の財源に資金を集め発行するものです。国は「いつまでにお金を返済します。いくらの利金(利子)を払います。」という約束で発行し個人が「その条件で国にお金を貸してあげよう」という事です。


銀行の普通預金や定期預金以外の金融商品を購入した事がない方は個人向け国債は大丈夫なの?等の不安があるかもしれませんが、個人向け国債は購入した金融機関が破綻しても日本国政府が責任をもって元本と利子の支払いをしてくれまる安心度の高い金融商品です。

日本国の将来に不安を持つ人も居ると思いますが、日本人が円通貨を持たずに生活しないわけにもいきませんし、この事を言い出すと通常の預金も心配になってきてしまいます。管理人は個人向け国債は貯金の一部として活用しています。何事も分散して貯金する事でバランスを取るようにしています。


個人向け国債の種類

現在発売している個人向け国債は全て東日本大震災の復興の財源として使われます。(復興応援国債と復興国債になります)

  • 復興国債(変動10年 基準金利×0.66)参考)第38回0.64%
  • 復興国債(固定5年 基準金利-0.05%)   第26回0.27%   
  • 復興国債(固定3年 基準金利-0.03%)   第22回0.12%
  • 復興応援国債(当初3年間0.05%の固定、4年目以降 基準金利×0.66)

    復興国債は雇用対策・学校設備の耐震化防災機能の強化・津波等により発生したガレキの処理等の財源としていかわれます。復興国債の変動10年の金利は高金利になっている点が魅力的です。復興応援国債は保有残高に応じ3年後に記念貨幣が贈呈されます。


発行スケジュール


復興国債・復興応援国債も何時でも購入できるのではなく、発行期間が予め決まっています。

何処で購入できるのか?

復興国債・復興応援国債は1000の金融機関で購入できますが販売会社
によって自社のキヤンペーンを実施していますので、あなたに合ったお得な販売会社のから購入すると良いでしよう。

個人向け国債のキヤンペーンをまとめたホームページが有りますので、下記も参考にしてみてください。

個人向け国債販売会社比較キヤンペーン
現金や商品券やポイントがもらえる


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional