銀行貯金(先取り貯金)で主婦の私でも100万円貯めた方法を紹介しています。

債券とは

債券とは

債券特徴画面

債券は国や企業などが、債券を購入する人からお金を借りる際に発行する証明書です。つまり「債券を購入する」と「国や地方、企業等にお金を貸す」ことになります。


債券の魅了とは

  • 収益 定期的に利子(利金)が貰える

債券は、満期日まで一定の金利分の利子を支払うことが約束されています。

  • 期間 満期(償還)が決まっている

満期日までの間に債券の価格が変動しても、満期日を迎えると額面金額が償還されることが約束されています。

  • 流動性 途中でも売却できる
    満期まで待たずに途中で売ることもできるので、急にお金が必要になったときには現金化することも可能です。ただし、その時の価格は額面通りとは限りません


債券のリスクとは

  • 信用リスク
    発行者(国、地方、企業)が破綻又は倒産で元本や利子の支払いが出来なくなる事で発行者がきちんと元本と利子の返済が出来るかどうかという信用度を知るには、その債券の格付けが参考になります。
  • 価格変動リスク
    満期償還まで持たずに途中売却する場合は、市場価格(時価)での売却になります。

満期まで保有した場合は信用リスクのみですが、途中で売却した場合は信用リスクと価格変動リスクが生じます。

  • 為替変動リスク
    外貨建て債券の場合は為替レートの変動で円に換算した時の受取額が異なる為替変動リスクが生じます。
    このサイトでは円建て債券のみの紹介なので、為替変動リスクの心配はありません。


格付けとは

格付けの画面
発行体の信用度を知るには、その債券の格付けが参考になります。
どんなに、魅力的な金利でも投資適格格付BBB以上の格付けではない物は
おすすめ出来ません。

コメント

銀行の金利だけでは満足できないけど、大きなリスクは取りたくない人や定期預金以外の貯金をした事がない人には、債券はリスク無しではありませんが、安全性が高く、安心して購入できる金融商品です。

高い利金(利息)は望めませんが、それでも定期預金より高い利金が望め。資産運用が全く初めての人向きと言えます。

ポイントは普通預金や定期預金、債券と分散して保有すると良いでしよう。低いリスクを取る代わりに定期預金より高い利金が受け取れると言う事です。ただ、定期預金より利率が良いからと言って全てを1つの債券を購入してしまう事はお勧めしません。何事も分散し少額から始める事が大事です。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional